飯豊電池研究所

「飯豊電池バレー構想」の
実現を目指して

SDGs達成に向けて、私たちの社会は、
今、直流電源社会(DC Power Society)へと向かっています。
クリーンエネルギーを直流で創り、貯め、使い、循環させていく。
このサイクルに必要不可欠なのが、直流で充放電する「電池」の存在です。
株式会社飯豊電池研究所は、
次世代ロボットや産業用機械などの用途に適した多種多様な電池や
それを構成する部材について研究・開発・生産を行うことで、
電池を通じて世界をより良い方向にリードしていきます。

企業概要はこちら

山形大学発のベンチャー企業として

山形大学、飯豊町および山形銀行は、
蓄電関連企業の集積地形成「飯豊町電池バレー構想」の実現を図るため提携を結びました。
私たち、飯豊電池研究所が中心に入ることで、
産学官金による蓄電デバイス技術の研究開発の連携成果は拡大し、
新しい産業の集積化を更に加速させる重要な役割を果たします。

株式会社飯豊電池研究所