飯豊電池研究所とはIIDE DENCHI LAB

次世代ロボットや産業用機械などの用途に適した電池開発を行う山形大学発ベンチャー企業設立

山形大学の吉武秀哉教授らは、徹底的な電気自動車のリバースエンジニアリングにより最先端の電池技術開発と市場動向を把握したうえで、リチウムイオン電池の材料開発から組み立て、性能評価、安全性試験までの一気通貫型の開発を進めており、「株式会社 飯豊電池研究所」では、次世代ロボットや産業用機械などの用途に適した電池の開発を行っております。
飯豊電池研究所では、大学が保有する基盤的研究開発技術や電気自動車のリバースエンジニアリングによる解析とそれをベースとした電池開発技術支援により、使用するデバイスの特性に合わせた電池の設計・開発を行うことで、駆動時間の長時間化、軽量化、長寿命化を実現します。